FC2ブログ
 

だいたいOKあるよ

特別講演「病院編5」



急に、涼しくなりましたね。

スパーが寒すぎて鳥肌立ちました。


今日も、鳥肌立ちそうな痛いお話です。
いや、前回よりは痛くないかな。


右目上を3針縫った開。
大きな怪我をするのは一人一回って思っていましたが
ちがうんですね。
やる子は何回でもやるんですね・・・。


今回も、長いです。




題目5「医者のプライド」


3針縫ってから、ちょうど一年後・・・・。

その日は、先日行われたヨットレースの応援に来てくれた人限定で
クルージング体験をさせてくれるという事で
家族でヨットハーバーへ行きました。
クラブハウスには他の参加者も集まっています。

ライフジャケットもつけて準備万端!!!

開も長瀬もはしゃいでます。

乗船前の説明を聞くために大人だけ集まります。

誰かの泣き声が聞こえます。

「ん?開?」

長瀬「ママ~、また開が血、出してる!!」

え~~~~!!!

あわてて遊んでた階段付近へ行くと
階段の下のほうを頭にして今にも滑り落ちそうな開・・・。

ぽたぽたと血が・・・

あ~、どこから出血・・・・

抱き起こすと


はぁ、(ため息)今度は左まぶたぱっくりです・・・・。


従業員さんも慌てふためいています。
逆に冷静な私。

ヨット部のおじ様も救急箱持って見に来ます。

皆さん、日本人会のおえらいさまです。
迷惑かけるわけにはいきません。」

私、もの凄く楽しみにしてたんです。ヨットに乗るの・・・。
バンソウコウでなんとか押さえ、ヨット乗ってから病院行こうかなぁ・・・
でも、なんちゅう母だって思われるよなぁ・・・。

開め~~~~!!!なんで、こんな時にぃ!!!!

かわいそうとかより、またかぁ!!って怒りすら覚えます。

「大丈夫です。私達、このまま帰りますから予定通り出航してください」

と、みんなを見送り

あんてぃえん一家はライフジャケットを脱ぎ病院へ・・・

口腔科へ案内されます。

え?ここ?

通訳「まちがえました。もうひとつ上でした」

オリンピックに向けて新しい病棟ができたので去年と場所が違います。
で、また眼科へ通されます。

血は止まってたし、昔はこれくらいなら縫わなかったっておじ様たち言ってたし
縫わなくていいかも・・・と思っていましたが

6針縫いましょう


ろ、ろくはりぃ~~~!!!

去年、3針であんなに大変だったのに・・・・嫌、縫いたくない!!!

私「できれば、縫いたくないんですけど・・・」

通訳「だそうです先生」

医者「縫わないと直りが遅いし、後も残るし、なんで縫わないなんていうわけ?」

通訳「って、おかあさん」

私「日本だとテープみたいなので固定して縫わない方法があるんですけど
  そういうのないですか」

医者「たしかにそういうのもあるらしいけど、ここにはないから!!」

私「去年、3針縫った時、麻酔は効いてないし縫った傷跡もけっこう残ってるし
  信用できません」

通訳「あの~、お母さん。それは訳せません。先生のプライドがありますから
  そんなけんか売るような事はいわないほうが・・・・」

私「でもほんとのことだもん。縫いたくないです!!」

通訳「わかりました。うまいこと言っておきます。」

医者「どうしても縫いたくないっていうなら縫わんでいいけど、
   あとでどうなっても私は知らんよ。もう診ないからね。
   誓約書かきなさい。」

通訳「って、言ってますけど、ホントにいいんですか・・・・」


親の責任ってか・・・。
でも、元祖も私も去年のような思いしたくありません。
あの場に合わせたほとんどの人が、縫わなくてもしっかり固定しておけばいいんじゃないって
言ってたし・・・。
この倍の傷跡ができるのもさすがに、箔付きすぎ・・・・。

元祖がサインします。

とりあえず、消毒と破傷風の注射だけして家に帰ります。

通訳「24時間以内だったら何とかなるから、明日もういちど受診してください」

帰ってきたものの、これでよかったのかいてもたってもいられません。
心配したちゃばさんが当時出たばかりの「傷パワーパッド」をわけてくれたので
貼ってみようと患部をみますがやっぱり縫ったほうがよかったのかなぁ・・・と
不安になります。

日本で看護師をしていた友達に電話して来てもらいます。
「これくらいなら、圧迫ガーゼでなんとかなるかな。やってみるね。」
と、ガーゼを丸め圧迫し、きれいにテーピングしてくれました。

よかった~、看護師の友達がいて。女神に見えました。

「大丈夫だとは思うけど、明日病院行くんだったらこれでいいか確認してもらってね」

で、次の日、再度受診。

通訳(昨日の人とは違います)「昨日の方ですけど」

医者、無視

通訳「先生!!」

再度無視!!!

通訳「先生、昨日怪我した日本人の子!!」

医者「はぁ?私、見ないって昨日言ったよね!!今から休憩だから、他の人に
   診てもらえば~」

むっか~~~~~!!!!

通訳なしでも分かったよ!!その態度!!!
でも、反論する語学は持ち合わせていない~!!き~~~~~~!!!

ま、別にだれでもいいわ。最初っから信用してないし!!

で、別の医者がやってきます。

きれいにテーピングしてあるのを見て

医者「これは誰がやったの?」

通訳「日本で看護師だったって言う彼女の友達です。」

医者「ふ~ん、じゃ、このままにしておいたほうがいいんじゃない。
   ちゃんと、処置してあるなら来なくていいのに。」

と、傷口を見ることなくその医者は行ってしまいました。

通訳「おかあさん、なぜ昨日縫わなかったんですか?
   お医者さん、相当怒ってますよ。医者は自分の腕に自信持ってますから
   言う事聞かなきゃだめですよ。」

はいはい、わる~ございました。二度と来るか、こんなとこ!!!

とは言うものの、ちゃんと直るか心配です。

友だちも、びっくりしてます。

「え~、診てもらえなかったの?」

ごめんね・・・、責任を感じたのか彼女、
それから毎日傷が乾くまで消毒しに来てくれました。

もう開き直るしかないですからね、傷が残ってどうしても嫌だったら
美容整形の手術させればいいんだわ。
と、思ってすごしました。

今、傷跡見比べても、縫ってないほうがきれいです。

おっと、まだ終わりじゃないですよ。

ついでに・・・

怪我の翌々日、幼稚園に行きました。

老師「ま~、開、またやっちゃったの?」

私「そうなんです。なのでぶつかったりしないよう気をつけてください」

老師「わかったわ。気をつける」

と、昼前、老師から電話

老師「ごめんね、ごめんね、開がまた怪我を・・・」

私「分かった、すぐ、すぐ行くから!!」

幼稚園に駆けつけると、
友だちと言い合いになりつき飛ばされいすに顔面から突っ込んだとか。
上唇を切っちゃったようです。
もの凄く腫れています。さわるとべろ~んって開きます。

老師の車で医者に行きます。一応通訳さんにも連絡

通訳「またですか?」

口腔科へ連れて行かれます。

あ、ここ、おととい間違えて来たところだ・・・。
まさかお世話になるとは・・・。

幸い、たいしたことなく消毒だけで済みましたが
老師も恐縮しまくりです。

ほんと、勘弁してください、開くん!!!
どんくさいにもほどがあります。

C兵の息子もよく怪我をするらしく
「次はあごだよ」
って言ってたら・・・

はい、この一年後、コタキナバルのプールサイドに思いっきりあごぶつけ
ぱっかりいきました・・・・。

でも、もうびっくりしませんよ。
バンソウコウで固定し医者なんか行きません。

あれから2年、怪我してないです。

でも、開が泣くたび、今度はどこだ~???ってドキドキしちゃいます。
もうかんべんしてください。

痛いお話はおしまい。

次回は、通訳さんのネタで・・・

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ヤバイ...

泣きそうだし、メッチャ脱力...

ぴょん♪ | URL | 2010/09/15 (Wed) 19:15 [編集]


ぴょん♪さん

きつかった?
でも、怪我した翌週、ごっついバンソウコウつけて
香港ディズニー行ってますから。
くよくよしない親子です。

でもいまだに危なっかしいからね、開が高いところ行ってたり自転車乗ってると
ひやひやしておしりがきゅ~ってなるので、見ないようにしてます。
で、必ずどこかに擦り傷、切り傷、やけどがあります。
大きな怪我はもうやめて欲しいです。

あんてぃえん | URL | 2010/09/15 (Wed) 20:09 [編集]


中国って

四千年も栄えてるのに医者がこどもっぽい・・・
何根に持ってんだろ しかも縫った方が汚い傷跡って・・・
不思議な国だなぁ
食べ物美味しかったり、針とか気功とか漢方とか
色々魅力的な文化もあるのに
医術がこんなってー

あんてぃえんさん 慣れるの早い
すごい そんじょそこらのオトコより素敵な
竹を割ったような性格!
でも怪我はもう打ち止めにしてほしいよね・・・
お母さん無駄に心配皺とか増えそうだよ

マナハハ | URL | 2010/09/15 (Wed) 23:29 [編集]


ふ~

またドキドキしてしまったわい。思いだすね~ あの階段下からの泣き声…
ほんと綺麗に治って良かったよね。
「縫わなくて正解だよ。あっかんべ~っ」てその医者に写メ送り付けてやりたいね~!!

ps.怪我してママ痛いよ~って泣いてるうちはカワイイもんです。(汗)

ちゃば | URL | 2010/09/15 (Wed) 23:39 [編集]


すごいよ!!!

あんてぃえんさん、すごすぎる!!!
マナハハさんには、とっても悪いけど、マナハハさんの話より脱力した...
まぶたとかおでこって、皮膚が薄いから切れやすいし、大量に出血するんだよね。
うちの娘も後頭部切ったとき、髪が血で固まってドレッドになったよ...

この話、こっちに帰ってきたから書ける!って感じするよ!
なんか、向こうで書いてたら、国の力で消されそう...

ぴょん♪ | URL | 2010/09/15 (Wed) 23:59 [編集]


マナハハさん

医者がって言うか・・・
そういう国民性なんでしょう。
だって、幼稚園の時から私が一番!の教育してますから。
だから、今またもめてきてるんでないのかな。

とってもポジティブで自分に自信があって人のことは気にしない!!
うらやましい生き方してますよ。
日本人ももうちょっと自分に自信持ったほうがいいと思うもん。
でも、やりすぎると嫌われるからね~。

そう、男っぽいんですかね・・・。
だんながよくいうんですよ。
「嫁さんのほうがやり手商社マンっぽいんですよ。」
って。
そしたら話してた人(友だちのだんな)
「そうやね、取引先にああいうのいたら嫌やなぁ。
手ごわそうや。」だって。

それって、ほめられてる?嫌われてる?

あんてぃえん | URL | 2010/09/16 (Thu) 00:16 [編集]


ちゃばさん

あの時は、ほんとヨットに乗れなくて残念だったよ。
でも、みんな船酔いで大変だったんだよね。

中国、楽しいけど、医者だけは信用できないからね。
やっぱ、日本がいいね。
あ、でもちゃば家の息子は日本の医者に反対側の足切られそうになったんだったね。

大きくなったら、かわいくないの?

あんてぃえん | URL | 2010/09/16 (Thu) 00:23 [編集]


ぴょん♪さん

病院小話はけっこうみんな持ってると思うよ。
点滴がきつすぎてこどもが泡吹いたとか・・・
うちは、命にかかわる事でなくてよかったよ。

ははは、消されちゃう?
次は笑えるやつにするね。

あんてぃえん | URL | 2010/09/16 (Thu) 00:30 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)