FC2ブログ
 

だいたいOKあるよ

15年

長田の鉄人


今日で 15年

当時はまだ結婚してなくて
地震の時は実家にいました。
鳥取も大阪も震度4
でも、鳥取は横揺れだけだった。

6時ぐらいに、元祖が電話掛けてきた。
「そっちは大丈夫か!」
「なに言ってんの、大阪も震度4でしょ。朝早くに電話してこんとって」
って、なにをオーバーに・・・って思って電話切った。

テレビつけても神戸の辺は震度何かもでてない。

昼前に職場のテレビで神戸の映像が映し出され
事の重大さを知る。
あわてて、元祖に電話かけるも何度かけてもつながらない。

ま、結局元祖は、会社が休みになったので寮でマージャンしてたんだけど。


職場から何人かボランティアに行って欲しいと要請。
でも、危険を伴うことなので家族とよく相談して決めて欲しいとのこと。
結局、うちの職場で何人も長期に休ませるわけには行かないということで
ほかの部署の方がいったんだけど、正直、いけなくなってよかったような
行って何らかの手伝いをしたかったような、なんとも複雑な気持ちでした。


こんな私が震災のことを書くのは申し訳ないけど
今、ここに住んでいる以上、この日は、この地域の人にとって特別な日なんだってことを
少しでも知りたくて、震災の記録写真展を見に行って来ました。

おしゃれできれいな町並みだなぁって思っていたところが
震災前は昔からのアーケードのある商店街だったなんて知りませんでした。
いつも通ってる道が倒壊したビルの瓦礫でふさがれてました。
テレビで見てた、高速道路が横倒しになってるところもこの近所だったなんて・・・。

確実に町は復興して、私たちのような後から来た人は
整備されててきれいなところだわって思うだけだけど、
ずっと住んでる人たちには私らには計り知れない思いがあるんだろうな。

お子達が通っている学校の校門の近くにも、慰霊碑があります。
3人の生徒さんの慰霊碑です。
昨日は花がたむけてありました。
下校の時、みんなが手を合わせていました。

私が中学校の時、近くを震源とする直下型の地震がありました。
その時は震度4。
それでも、しばらく怖くてトイレにも行けず、一人で寝れず
少しの物音で血の気が引くぐらいでした。

震度7の怖さ、その後の避難生活の辛さ、身近な人を目の前で失うむなしさ・・・
想像もつきません。

これから先、天災はなくなるものではないけど、できれば、遭いたくない。
でもここは、なにかあってもこの町にいれば大丈夫っていう安心感がある
防災意識の高い町だと思います。
地域のコミュニティーも盛んです。

今、ここに普通に住めることに感謝です。
そして、自分も日々大事にすごしていかなきゃなって思います。


震災メモリアル公園


メリケンパーク、ポートタワー



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

あの記憶に残るすごい映像 その辺りだったのね~
そう思うとのん気にいいとこだと言うのも申し訳なくなるね(>_<)
日本は地震大国だから 次はどこかと思うと怖い。
で、1枚目の画像は?マジンガーz!? 

ちゃば | URL | 2010/01/17 (Sun) 11:53 [編集]


ちゃばさん

鉄人28号です。長田地区(震災の時火災がすごかったところ)の復興シンボルとして、去年の秋できたんだよ。
子供のころ見てたんじゃないの!?
あ、そんなに古くなかったね。

なんかね、今日は重い空気が流れてます。

あんてぃえん | URL | 2010/01/17 (Sun) 12:16 [編集]


もう15年も経つんですね…
当時まだ学生、同級生の実家が全壊ということでカンパを集めました。
映像で見る被災地の生活と、自分の生活があまりにもかけ離れていることに驚きました。

静岡、浜松はいつか来るであろう「東海大地震」への防災意識がとっても高いところでした。
3人子供をつれて逃げる方法も考えたものです。
長女・末娘2人両脇抱っこ、長男をおんぶ。
「絶対に手を離さないようにね!!」
って、練習で終わってよかったよ。






tambo- | URL | 2010/01/17 (Sun) 18:14 [編集]


tambo-

そうだね、静岡はくるくるって言ってこないよね。
なんかで、読んだんだけど、そういう「来るかもしれない!!」っていう危機感、人の気が強いところには災害ってこないんだって。だから東海地震は起こらないんだっていってましたよ。わたしも、気を送りながらせいかつしなきゃ。
って、ほんとかなぁ?
ま、備えあれば憂いなしだね。

そういえば、金冠日食きれいだった?

あんてぃえん | URL | 2010/01/18 (Mon) 00:25 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)